チラシ集客のアイデア

【チラシ集客のアイデア⑮】究極のマインドセット②

スーパーマン

昨日の続きです。

マインドセットは、実はメチャメチャ難しい。なぜなら、習慣化しなくてはいけなく「無意識の領域」にあるものだから。なので、もともとあなたの中にあるものの方が身につけやすい。

私がお勧めするマインドセットは「主人公マインド」である。
まずは、もっと自分の直感を信じましょう。という話をしました。
見てない方はコチラ⇒ 究極のマインドセット①

さて今回はもう少し具体的な話をしてみます。

その前に「僕のヒーローアカデミア」からの名ゼリフ

ヒーローの本質は「余計なおせっかい。」

「できる出来ないじゃないんだ!ヒーローは命を賭して綺麗ごとを実践するお仕事だ!」

あなたに置き換えると…

商売の本質は「余計なおせっかい。」

あなたの頭に浮かんだ「お客さんが喜んでくれること」は、もしかしたら、「そこまではやりすぎかも」と躊躇することはないでしょうか?

「親しき仲にも礼儀あり」なんてことわざがあります。「図々しいかも」「馴れ馴れし過ぎかも」とブレーキが掛かっているのかもしれません。

「いいんです。」

あなたが良かれと思ったことは直感に従ってやってしまいましょう。

なぜなら商売の本質は「余計なおせっかい」なんだから

「できる出来ないじゃないんだ!商売は命を賭して綺麗ごとを実践するお仕事だ!」

「綺麗ごとでは飯が喰えない。」と思っていないですか?

今現在の情報社会では逆になっています。汚いことをすれば、すぐにバレます。隠せません。そしてあっという間に拡散されます。今まで築き上げてきた信用が一瞬で崩壊します。

インフルエンサーのお客があなたのお店をネガティブに発信したらあっという間に拡散です。あなたのお店のスタッフが「正義感」をもとに、SNSで「内部事情を暴露」したらあっという間に拡散です。

今まで以上に「信用第一」の時代なんです。

「できる出来ないではなく、商売は命を賭して信用を得ることを実践するお仕事なんです。」

主人公マインド5つの選択肢

あなたの人生はあなたが主人公です。もっと主人公らしく生きて下さい。
あなたのドラマの演者か、もしくは、作家になって生きて下さい。誰も見たくないなんの変化もない無難なストーリーを描かないでください。

「なんかいいことないかな~」なんて思っていても何も起こりません。
今から上げる、5つの選択肢を実践していけば、人生が面白くなります、
「いいことも悪いこともたくさん起きます。」悪いことが起きても、「話のネタができてラッキー」と思って下さい。どのように解決したのかがあなたのストーリーになります。

①どっちを選べばカッコイイか?

カッコイイかカッコ悪いか? 直感で判断できると思います。

②どっちを選べば面白いか?

面白くなりそうか、面白くなさそうか?これも分かると思います

③リスペクトする人だったら、どっちを選ぶか?

あなたが尊敬する人だったら、どっちを選ぶのか?
あなたが大好きな小説の主人公だったら、映画のヒーローだったら、どっちを選ぶのか?※死ぬ可能性があることは気をつけて下さい。

④辛い方を選ぶ。

90%の人は楽な方を選びます。80%の人は無難な方を選びます。
楽な方、無難な方を選んだら、面白くなりません。
あなたがもし何の変哲もない人生(誰も読みたくないストーリー)がよいならそれはそれでかまいません。

⑤お客にとって本当に良いことはどっちか?

お客さんをあなたの両親・配偶者・子供・恋人・自分だったらどっちが良いのかで商品・サービスを提供しましょう。もしくは近しい人に恥ずかしくない商品・サービスを提供しましょう。

後悔先に立たず

あなたが今まで生きてきた人生は選択肢の連続。数多の選択肢を得て今に至ります。「あの時、ああすればよかった。」と後悔していることもあるでしょう。

今日からは本能を信じて主人公マインドで人生を選択していきましょう。