チラシ集客のアイデア

商品への愛が空回り?【気になったチラシを添削してみた㉝】

愛するが故

こだわりは大切だけど空回りするケースも

※化粧品のこと、コラーゲンのことをまったく知らない男が書くことなので
的外れな話になっている可能性がありますがご了承ください。

今回気になった広告はコチラ

キャッチコピー

コラーゲン配合の化粧品ではない。
まさにコラーゲンそのもの。

さてあなたはどう感じますか?

○○ではない。まさに○○そのもの。

キャッチコピーの型としては、悪くないですね。

ただなんか「しっくり」きません。何でだかすぐには分らなかったのですが、少し考えて感じたことは、広告を出す側の「コラーゲン愛」が空回りしているのでは?ってことです。

お客にとっては選択肢のひとつ

広告を見る側は「コラーゲン命」ではないってことです。
数多の化粧品の中の「選択肢の一つ」としてコラーゲンがあるってことです。

もしそうだとすると、そう感じる人が多いとすると、「コラーゲン配合の化粧品ではない。まさにコラーゲンそのもの。」と言われても、「ふ~んそうなんだ。」で終了。その先に興味をが行きません。

そうなるとこのキャッチコピーはいまいち。となります。

「じゃあお前ならどうすんだ!」

って話ですね。

この広告の中から情報収集をしてみると、

年齢を重ねて肌悩みが出てくるのは、うるおいが減ってしまうから。そこで、肌に近いコラーゲンでうるおいを補えるように、コラーゲンの老舗ニッピが、62年の研究を経て開発。

洗顔後の肌に塗れば、乾燥の気になるところに、必要な分だけうるおいを与え水分量を適度に保ちます。添加物は一切加えず、厳密に管理されたコラーゲン化粧品はまさにコラーゲンそのもの。とのことです。

さて

この会社さん。コラーゲンのことを62年も研究しているようです。
ということは、「コラーゲンって凄い。」と信じているのだと思います。だからこその「あのキャッチコピー」なのでしょう。
販売実績もコラーゲン国内原料シェアNO1。発売34年ロングセラー販売本数600万本。

「あれ?もしかしたら私が知らないだけで、超有名な会社さんなの?」ということでかみさんに確認したら「知らない」って言っていました。

チラシを考える

話を戻します。

・コラーゲンは凄いと思ってもらうこと。
・何がどう凄いのか説明すること。
・コラーゲンなら当社と思ってもらうこと。
・お客さんの声
・まずはお試し

という流れで作るとし、「何が凄いのか」を広告の中から探してみると

生コラーゲンが肌を健やかに保ち、肌を守る。適度なタイミングで適度な部位に的確なうるおいを与え、肌を健やかにします。

どうですか。「なんかふわっとしていて」男私にはピンときません。

「う~ん」ドツボにはまってしまいました。

チラシの方向性を変える

発想を変えます。

文面はそのまま使うとして、「なんか凄そう」と感じてもらうで行きます。

私が絞り出したキャッチコピー、サブコピー

苦節62年。コラーゲンが「本物だからこそ」こだわり続けました。

年齢肌のポイントは「うるおい」です。
うるおいには「なんといってもコラーゲンなんです。」

おかげさまでコラーゲン国内原料シェアNO1。
発売34年ロングセラー販売本数600万本。

この後には、先程情報収集で書いたアピール文,お客さんの声。商品説明。

まずは「生コラーゲン」を 
2829円⇒1100円(全国送料無料)でたっぷり2週間お試しください。

アクセス方法

という感じです。