反響の出るポスティング方法

信用度はネットより紙媒体の方が上。

詐欺メールは年々「巧妙化」している。

あなたにも「ニセ総務省」からのメールは届きましたでしょうか?

コチラ

詐欺メールには見えないですよね。危うくクリックするところでした。

あなた以外なら引っかかる仕掛け

それと本日「謎の請求のメール」も届きました。

コチラ

私以外の人が見ていたら「なんだこれ?」となり、添付ファイルを開いていたかもしれません。

怖いですよね。

楽天もアマゾンも信用できない

楽天では買い物をしていないので「支払い情報が一致しません。」ときても「詐欺だ」とすぐわかるのですが、

Amazonでは買い物をしているので、詐欺か本物なのか判別がつかなかったりします。「判らないのでシカト」するしかないです。

他にも

問い合わせメールには毎日のように営業メールが来ます。
仮に興味を持ったとしても、リンクをクリックするのはちょっと怖かったりします。もうよくわからないメールには見向きもしない人は多いのかもしれません。

信用できる紙媒体広告

かたやコチラならどうでしょう。
新聞紙面に載っていた経済産業省の広告です。

100%信用できますよね。
これからの時代、紙媒体の方が信用性が高くなるのかもしれません。

さてチラシ広告の場合はどうでしょう?

どこにあるのかわからない、初めてみたチラシだとやはり反応は悪いかもしれません。

地域密着でどこにあるのかわかれば、「安心感」があります。

定期的にチラシをポスティングしていけば、「信用」されます。