チラシ集客のアイデア

【チラシ集客のアイデア㉑】情報操作

プール

○○ウィルス感染拡大

38~40℃の高熱が5日間ほど続く。主に子供が感染。
急に発熱する。元気だったのに急にぐったりする。
小さい子供の場合、重症化するケースもあるので注意が必要
のどが腫れる。(食事が困難なほど痛みが伴うケースも)
飛沫感染・接触感染・経口感染する。
感染力が非常に強くあっという間に周囲に感染を広げる
今のところ治療薬はない。

どうですか?これだけをみると、子供がいる家庭であれば、外に出るのが怖くなってしまうのではないでしょうか?

恐怖を煽るためにわざと情報を切り取って書きました。

情報を切り取ることで恐怖を煽れます。

このウィルスの名前はアデノウィルス。昔からあるプール熱ってやつです。
「夏に風邪をひくとこじらせる」とよく言われれる夏風邪の一種です。通常1週間程度で治るそうです。

今日の日経新聞の記事に、お盆の人出は近場集中しているとのことで、
都内のプールもにぎわっているそうです。

プールで感染が広がるからプール熱と呼ばれています。もしマスコミが「プール熱の恐怖」を煽っていたら、プールは全部営業停止です。子供にとっては間違いなく、コロナよりプール熱の方が辛いはずです。

突然熱が出てぐったりしてしまいます。40℃近い熱が出ます。のどが痛くてご飯がたべれません。しかも治療薬がないんですから、毎年何人かは亡くなっているんですから

なのに子供を連れてプールに行っちゃうんです。プール熱のことなんか気にしていません。感染力が非常に強くあっという間に周囲に感染を広げるウィルスなのにです。

通常風邪なんてこんなもんです。

マスコミは連日、新たにコロナ感染者が○○人 。と煽っています。(無症状の人がほとんどです。)コロナはただの風邪です。一部の方が重症化するのはしょうがないことなのではないでしょうか?

ちなみに日本のコロナの死亡者数 1,115人(8月19日現在)他の死亡者数を年間でみると、がん約37万人、心臓系約20万、老衰約10万、脳系約10万、肺炎約10万。インフルエンザが要因の死亡者数は約1万人です。

チラシも情報操作

マスコミは情報を切り取ることで操作をしようとします。

あなたもチラシをみた人を操作できれば反響に繋がります。

操作って言葉は、印象が悪いので誘導で行きますw

誘導するために一番大事なのは「私のことだ」と思わせることと「えっそうなの?」って思わせること。

お客さんはどうすれば、他人事ではなく、自分事としてくれるのか?

頭で考えてもなかなか出できません。

自分事してもらうための3つのポイント

一番はお客さんに聞くこと。

ふたつ目はターゲットを具体的に決めて、書き出し、出てきたキーワードでネットで検索してみること。

三つ目は本屋に行って、ターゲットが見てそうな雑誌を買ってみること。どんなものが売れているのか特に広告をチェックすること。専門誌や関連の書籍があるなら買ってみること。

ここまれやれば、自分の立ち位置やお客さんに伝えたいことが出てくるはずです。

出てこなければ下記より連絡ください。一緒に考えましょう。