チラシ集客のアイデア

「見る角度」でチラシの反応は変わります【気になったチラシを添削してみた㊿】

シリウス

気になったチラシが新聞に折り込まれていましたので
添削してみました。

キャッチコピー

医薬部外品×シミウス

あまりみないないタイプの
キャッチコピーですね。

シミウス。
ネーミングがいいですね。

シミウス→シミ薄

どういった商品なのかイメージができますね。

それと語呂がシリウスぽいですね。

シリウスと言えば、最も明るい恒星。

「肌が明るくなる。」という意味も込められていそうです。

ちなみに、シリウスって「太陽の約2倍」の大きさだそうです。

医薬部外品を頭に持ってきていることについては
今回のメインテーマなので後程触れます。

○○×あなたの商品・サービス

この型は上手くハマれば、面白そうですね。

ぜひ前回の記事を参考に考えてみて下さい。

イメージキャラクター

元プロテニスプレイヤー杉山愛さん。
イメージキャラクターもピッタリの人を選んでいますね。

現役時代は真っ黒のイメージなのでシミ対策は大変そうですw

お客はどの角度でチラシをみるのか?

さて

医薬部外品って言われると
あなたはどんなイメージを持つでしょうか?

医薬品と比べると効能効果は落ちるイメージです。

医薬品とは医師や薬剤師が処方できるもので
医薬部外品はその必要がない。

それでは

化粧品と比べるとどうかというと

医薬部外品は厚生労働大臣の承認が必要。
効能効果が期待できる成分を一定量以上含有させる必要がある。

化粧品よりも効く気がしますw

さてさて
何が言いたいのかというと

チラシを見た人が医薬部外品に対して
どういった認識を持っているのか?
ってこと。

・医薬品と比べると劣る。
・化粧品と比べると優る。

「どっちから見ているか?」ってことです。

この広告の出し手は「化粧品と比べて優る。」と
アピールしているのですが、そうでない人も少なくないはずです。

「医薬部外品とは厚生労働大臣の承認を得た商品です。」
の説明があれば「権威性」をアピールできます。

そうなれば、「へえ~何か良さそう。」「効く気がする。」

となり反応はけっこう違ったはずです。

小さな製薬会社が起こした奇跡。

「大好きな母にもう一度、綺麗になってもらいたい。
その一心でした。」

この部分はストーリー性があっていいですね。

チラシにストーリーを載せることで、
信用され、信頼され、共感に繋がったりします。

可能であれば、お母さんのビフォーアフターが
載っていれば、最高でしたね。

小さな○○が起こした奇跡。

ぜひあなたのお店にもエピソードがないか
考えてみて下さい。

オファー

先着500名様限定!
初めての方だけ。特別価格

本品まるごとたっぷり2か月分
お得に試して頂きたいから

12月24日まで半額
通販限定で本品2個お届け。

通常2個で9,486円が4,743円

30日間全額返金保証。送料無料。代引き手数料無料。

限定性(数量限定、初回限定、通販限定、期間限定)
4つも使ってます。悪くないですね。

さて問題は

お試し価格として4743円(税込 5,217円)を
どう思うかですよね。

出し手側とすれば、

「2か月間使ってもらえれば、効果を実感してもらえるはず」
とにかく2か月使ってもらいたい。」
と思っていても

このチラシで初めて知った商品なら、
お試しで5,000円は出せない人の方が圧倒的のはずです。

私なら、2週間分500円とかでオファーを出し、

購入した人に対してのみ、2週間後に

通常2個で9,486円が4,743円のオファーを出します。

参考まで