チラシ集客のアイデア

興味関心があっても反響が取れない理由【気になったチラシを添削してみた㊷】

フラワーアレンジメント

気になったチラシが新聞に折り込まれていました。

コチラ

キャッチコピー

フラワーアレンジメント&プリザーブドフラワー
始めてみませんか?

フラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーに興味関心があれば、
目に留まり、読んでみようかなとなります。

あーすぷらざで11月10日(火)にスタート!!
定数制につき先着順にさせています。

地元の人なら、あーすぷらざ(公の施設)は知っています。
定数制、先着順ということで「煽り」になっています。

ただ、先着○○名までと数字を入れたほうが良いですね。

勘違いを避ける

フラワーアレンジコース(月1回~)
気軽にフラワーアレンジメントを楽しみませんか?

費用:入会金・受講料 無料(お花代などの実費のみ)

さてここの部分はどうでしょう。

よく見ないで「すべて無料」と勘違いして申し込む人が出てきます。
受付は電話なのでその際に、別途「花代が○○円」と言われると、

無料だと思っていた人は、自分がよく見ていないことを棚に上げて「何だよ結局金取るのか!」となります。そうなると不信感を持つことになります。

気になったことの「答え」を載せる。

それと

花代の実費っていくらぐらいなのか?」が気になる人がいます。

500円位?1000円位?3000円位?5000円位なのか分かりません。

「1,000円位ならやってみようかな?」と思っていたとしてもわからなければ、ほとんどの人はわざわざ「いくらなのか?」を問い合わせたりしません。「とりあえず今回はやめておこう」ってなります。

~1000円位までなら

お花代として500円(1,000円)のみご負担ください。と載せた方が良かったですね。

ページが見つからない…

この記事を書くに当たり「花代がいくらなのか?」が気になり、電話で聞くのは申し訳ないので、まずはQRコードを検索したのですが「ただの申し込みフォーム」で情報は得られず。

問い合わせ先となっている「栄区フラワーアレンジメント」で検索したのですが、ページは見つかりませんでした。よく見ると中区だし、更に番地も書いていません。

もし私のように調べいたら、不信感しか残りません。
余計なことを考えさせて不信感を与えるとなると最悪ですね。

何がしたいのかわからない…

生活に潤いとやすらぎを与えてくれるお花。
現在、国内の花生産地では出荷されないお花が大量に廃棄されています。
皆さんのお家に飾られることで、支援できることがあります。
ぜひ、この機会に花のある暮らしをお楽しみください。

あれ?「廃棄される花をあなたの家に飾って欲しい」と言っています。
商売ではなく、何かの慈善団体なのでしょうか?ホームページにたどりつけなかったので、何とも言えませんが…。

興味関心を持っても反響が取れないチラシ

さて、あなたのチラシでもチラシを見た人が、
あなたがチラシに書いた言葉を読んで、「どんな疑問が浮かぶのか?
そのことについて「答え」が載っているのと、載っていないのでは反響の差は大きく変わってきます。

疑問に思ったことを「わざわざ問い合わせて聞いてくれません。」せっかく興味関心を持っても「今回はいいや!」となってしまいます。

そうならない為に、チラシを印刷する前に「疑問が浮かぶ」部分があるかどうか?をチェックして疑問に対する答えをチラシに必ず載せてください。

私でよければ下記より連絡もらえれば、添削します。