チラシ集客のアイデア

キャチコピーは良いのに残念な広告【気になったチラシを添削してみた53】

受験勉強

「○○」が陥りやすい10の落とし穴

キャッチコピー

受験生が陥りやすい10の落とし穴。

いいですね。
受験生であれば気になってしまうはずです。

ブレット

①基礎は簡単。自分はできている。
②難しい問題をやっていいれば学力が伸びる。
③人気講師の授業を聞けば成績が上がる。
④間違えた問題はひたすら丸暗記する。
⑤合格判定に一喜一憂する。
⑥得意科目は自分だけで大丈夫。
⑦不得意科目はいくらやっても伸びない
⑧勉強は楽しくないもの。
⑨理系文系は得意不得意で決める。
⑩行きたい大学ではなく行けそうな大学を志望校にする。

どうでしょう?

受験戦争を味わったことのない私には
いまいちピンとこないのですが、

この広告をみた受験生の多くが
「えっそうなの?」と思う前提で話をします。

オファー

でです。

興味を持った受験生がその先を知りたくなり
次に書いてある言葉が

今すぐ、四谷学院の入学相談へ。
なぜ「落とし穴」なのか、
その理由と解決策をあきらかにします。

どうでしょう?

まず、いきなり「入学相談へ」は
ハードルが高すぎですw

それと「問題提起」をしておいて
答えがすぐにわからないことはストレスになります。

私だったら

取りあえずは10個の落とし穴の中から1~3個。
最も多くの受験生が「納得するもの」を選び、
その答えを紙面に載せます。

すると「なるほど!」となり
更に「もっとちょうだい!」と知りたくなります。

で「入学相談へ」ではなく

その他理由と解決策は「webへ」とし

Webで

「なぜ?陥るのか?」
「四谷学院では、どうしたらいいと思っているのか?」
「他の塾とは何が違うのか?」
「四谷学院ではどう変わった受験生がいるのか?」

を伝え

「自分もなれる・なれそう」

と感じてもらった後に

あなたの近くの四谷学院へまずは相談ください。

という流れにします。

そもそも論

この広告が載っていたのは日経の紙面広告。

大学生なら、辛うじて教授とかに勧められて
読んでいる人はいそうですが、

受験生が読んでいる確率はそうとう低そうです。

私なら

受験生の「親が」陥りやすい。10の落とし穴

で広告を考えると思います。