チラシ集客のアイデア

いいかも?安いし、試してみよう!チラシ【気になったチラシを添削してみた㊲】

頭薄い赤ちゃん

気になったチラシが新聞に折り込まれていました。

コチラ

育毛剤

キャッチコピー

15日間で体感!!山田養蜂場の育毛剤

「安い。簡単。時間がかからない。」は反応しやすい言葉です。

「15日間で体感」とは15日間でこうなれます。、こうなります。と言っています。「結果」にフォーカスしていることになります。

「山田養蜂場の」広告の出し手側が「認知度はそこそこあるはず」って体なので、私たち個人中小では使えない部分です。あなたのお店の名前をキャッチコピーにはいりません。

「育毛剤」と冒頭の「15日間で体感」とセットで
「15日間で結果が出る育毛剤です。」と宣言しています。

自信があふれているキャッチコピーになっていると思います。

ターゲティング

考え方としてこのチラシのキャッチコピーはターゲットを絞っていないので、例えば、

髪の毛の分け目」が最近広がっきたあなたに朗報です!
旦那につむじが薄いと言われてしまった……

とかを冒頭に付け加えるとつむじが薄い人、分け目が薄い人に「私のことだ」と思ってもらうことができます。

ストーリー

さてこの広告の一番のポイントがストーリーを上手に使っていることです。

思考の流れをカレンダーを使って上手に表しています。

画像では見づらいと思うので書き起こします。

〇月4日 なんだかよさそう。たのんでみよう!注文!
〇月8日 お試しセットが届いた!
〇月10日 本当に効くのかな?
〇月13日 びっくり!
〇月15日 朝晩のお手入れが楽しみ!
〇月16日 なんだか良い感じ
〇月17日 すっとして気持ちがいい
〇月20日 自信が出てきた
〇月22日 すごーい!!

書いてある言葉は良くできているかは微妙ですが、面白いですね。
思わず目を通してしまうのではないでしょうか?
notReadの壁を上手に超えています。

※notReadとは広告を出す際に絶対に超えなければならない3つの壁(3つのNOT)の最初の壁のこと。詳しくはコチラから

根拠

ローヤルゼリーの「薬用育毛剤」が抜け毛、薄毛に効きます。

生のローヤルゼリーから美髪成分をあますことなく抽出したローヤルゼリーエキスを配合。さらに、美髪を育む天然有効成分が育毛をサポート。だから育毛力が違います。

この部分は普通ですwあった方が良いので載せている感じです。

オファー

約15日間でふわっと体感!

約15日分お試しセット
1040円相当→500円(送料無料)

さらに薬用シャンプー、コンディショナープレゼント

集客商品を上手に使っていますね。

キャッチコピーをみて、カレンダー(ストーリー)をみて500円なら試してみようってなりそうです。「キャッチコピー+ストーリー+オファー」という形でチラシを作れると反応が取れます。

煽りを入れる

ここでの考え方とすると煽りがあれば反応が上がりそうです。

例えば、

・プレゼントは無くなり次第終了です。
・先着100名様限り
・本日より5日間限定

できれば限定の理由も載せた方がリアリティーが出ます。

5つのタイプ別判断基準

5つのタイプ別判断基準でいうと、思いっきり「2、好き嫌いタイプ」に寄せた広告になっています。

このタイプは根拠とか証拠とかはそれ程重要視しません。なんとなくの雰囲気で「いいかも?安いし、試してみようかな」となるタイプです。

約15日間でふわっと体感!は正に「言い得て妙」なコピーですね。

ストーリーの部分では

なんだかよさそう。たのんでみよう!注文!お試しセットが届いた!
本当に効くのかな? びっくり!
朝晩のお手入れが楽しみ!なんだか良い感じ!
すっとして気持ちがいい~。自信が出てきた!
すごーい!!

なんだかハーフタレントのローラがしゃべっているみたいですよねw(ローラは典型的な好き嫌いタイプです。)

読み手が普段使っている言葉を使うのもコピーライティングのコツのひとつです。

5つのタイプ別判断基準が気になった方はコチラの記事をご覧ください。